DMリスト別に分けたいダイレクトメールの種類と内容

Marketing Chance

ダイレクトメールにはいろんな種類がある

ダイレクトメールは、いろんな方法で送ることができます。種類によって準備の仕方やコストが異なります。しかし、用途に合わせて種類を選ぶことにより、ダイレクトメールの反響をアップさせることができるでしょう。有効な方法を選ぶためにも、使い勝手のいいものを選ぶことが大切です。

使い勝手のいいダイレクトメールの種類・ベスト5

no.1

圧着ハガキ

コンパクトで手に取りやすいサイズで、中身が見えない状態でお届けできるのが特徴。冊子、二つ折り往復、Zタイプなど種類も豊富で情報をたくさん盛り込めるところが魅力でしょう。郵送料金もはがきと同じところがお得です。

no.2

はがき

圧着ハガキに次いで人気が高いはがきは、ひと目で書いている内容が分かるところがポイント。目玉商品やサービスの紹介、アニバーサリーやサンキューDMのように目的が明確でシンプルに伝えたいものに役立ちます。

no.3

レター型

レター型は、スペースの制限がなく封書サイズと重さに気をつければ何枚も封入できるところが魅力。特に上顧客向けの案内や会員サービス・特典の紹介など、内容を盛り込みたい時には封書として送るのがおすすめです。

no.4

FAX

郵送ではなく、電話回線を通して宣伝・広告をするFAXは、法人向けのダイレクトメールに人気です。宣伝内容を作り、そのままDMリストの番号へ一斉送信することができるため、より多くの対象者へアプローチできます。

no.5

メール

ダイレクトメールの中でも形態が異なるメールは、簡単に宣伝・広告文を作成して配信できます。また、通信回線を使用するため大幅なコスト削減が可能。デイリーで商品を紹介したりセール情報をお知らせしたりする時に便利です。

上手な宣伝方法

男の人

「買わせる」のではなく「読ませる」

ダイレクトメールは企業側が伝えたいことだけを一方的に落としこんで発送しても、レスポンス率やCVには効果を出しません。
これは、情報メディアの普及により同商品やサービスの善し悪し、他社のDMである程度判断できるようになっていることが大きいでしょう。特に上から目線でお知らせをしてくるような「買わせる」ことがメインになっているダイレクトメールは、どのターゲットにも好まれず失敗します。

「読ませる」ためのストーリーづくり

レスポンスに繋がるダイレクトメールにするには、顧客目線に立った上でダイレクトメールを作ることがポイント。例えば、ターゲットの悩みや希望する事柄をピックアップして共感させた上で、「行ってみたい」「買ってみたい」という心境にもっていくと反響に繋がりやすいでしょう。ターゲット自身がそのダイレクトメールの内容に対して、自分事として捉えられるものにできれば自ずと結果がついてくる販促物になります。

宣伝向きな商材をアピール

反響の高いダイレクトメールは、商材選びにもポイントがあります。
特に向いている商材は単価の高いもの、リピートする(消耗品)もの、サポートサービスが必要となるものがおすすめ。ダイレクトメールの発送では、費用対効果を見極めて商材を決めていきましょう。

あわせて読んでおきたい記事

はがき

ターゲットを決めた販促

ダイレクトメールは、昔ながらのマーケティング手法です。インターネットが普及した今、手間暇をかけてもダイレクトメールを行なうのは、ここにしかないマーケティング手法が凝縮されているからです。

READ MORE
男の人

上手な宣伝方法

ダイレクトメールを送付する時は、ターゲットとなるDMリスト作成したり案内・宣伝レターを作成したりいろんな準備があります。より、レスポンス率を高めるための工夫と改善を行なうことが大切です。

READ MORE
はがき

専門業者のサポート

送付する数が多くなればなるほど手間と時間がかかるダイレクトメール。しかし、発送代行を依頼することができる業者を利用することで手間を省くことができ、結果的に経費も安くなるケースもあります。

READ MORE
広告募集中